何とかなる!通勤1時間半の時短ママの平日スケジュール

1歳半タイムスケジュール_アイキャッチ2 保育園

こんにちはー。きなこです。

我が家には、保育園0歳児クラスに通う(ほぼ)1歳半の娘がいます。私の復帰直後は記憶がないぐらいのバタバタした日々でしたが、最近生活がやーっと落ち着いてきました。親子ともに、共働きになったこと、保育園に行くことに慣れてリズムがつかめてきたように思います。

そこで、今日は長時間通勤の時短ワーママである私の平日のスケジュールと、私なりの時短ポイントをご紹介します。

家族構成

まずは前提条件として、我が家の家族構成を紹介します。

  • パパ:フルタイムサラリーマン。職住近接。
  • ママ:時短サラリーマン。通勤1時間半。
  • 娘:1歳半。0歳10ヶ月から保育園。

事情があり、夫の職場の近くに住んでいるので、私が長時間通勤しています。

60分以上かけて通勤してるワーママって少数派みたいですね…。

時短ワーママの平日のタイムスケジュール(全体像)

まずは全体像から。こんな感じでやっています。

次に、個別に説明していきますね。

通勤1時間半ワーママの平日タイムスケジュール

起床&身支度

私と夫は5:30起床。最初はかなり辛かった!けど、今ではなんとか起きられるように。そもそもの就寝が早くなったからだと思います。

娘が起きる前に、私の着替えや化粧など身支度を手早く終わらせます。娘が起きる前に私の支度が終わっているかが、朝スムーズにいくかの分かれ目になります。

家事はぶん投げて出勤できても、自分がパジャマのまま出勤することはできないので。

そして、服を着替えたら割烹着を着ています。これは、娘のよだれ・鼻水・食べかけの何かを会社用の服に付けられてイライラしたり、再度の着替えで時間を無駄にしないため。

エプロンだと肩周り、腕周りがまったくカバーできないので、手首まである割烹着を愛用してます。見た目はお察しのとおりスマートではないですが、ネットで探したら多少かわいいものがありました。

余裕があれば、15分未満で終了する簡単な料理ストック作りもこの時間にやっています。

時短ポイント
  • ママの身支度は子供の起床前に終わらせる
  • 子供に服を汚されてもいいように割烹着を活用する

子供起床&朝食

6時頃、娘が起きます。機嫌が良い時も悪い時もあり。10分ほど抱っこしたりして過ごします。

その後、娘には録画したEテレを見てもらって、その間に私が朝食を10分で用意します。

メニューは固定で、納豆しらすごはん、ミルク、果物です。

果物以外は常に同じなので、何にするか迷うこともなく、準備の手際も日々良くなってきています。

毎日同じでかわいそうかなとも思いますが、固定メニューのおかげで起床後の10分の娘との抱っこ時間を捻出できているので、今のところ継続していくつもりです。

用意ができ次第、テレビは終了して朝食。

娘は1歳4ヶ月ぐらいからスプーンで8割程自分で食べられるようになりました。このおかげで朝にだいぶ余裕が出来ました。それまでは娘の食事介助中は私が他のこと何もできないので辛かった…。私も一緒に朝食をとったり、料理ストック作成を継続したりします。

スプーン食べは、娘が使いやすいスプーンを何種類か試して一番良かったエジソンのスプーン を使っていることと、何より保育園でも積極的に指導してもらうことで、早めにマスターしてもらえたのかなと思っています。

娘が自分で食べると食べこぼしがたくさんあります。片付けをらくにするために、シリコン製のポケット付きの食事マット を使っています。

食べこぼしをふきんで拭くよりも、マットごと洗剤で洗ってしまったほうがずっと楽で衛生的なので、オススメです。ちなみに食洗機対応です。

時短ポイント
  • 朝ごはんはほぼ固定メニュー
  • 子供には自分で食べてもらう
  • ポケット付き食事マットで食べこぼし対策

登園準備

食事後は、娘を着替えさせて保湿クリームを塗り、検温をします。

娘が起きてくるのが早かったせいで私の身支度が終わっていない場合は、夫にこの作業をバトンタッチして私は自分のことを済ませます。

朝の家事

子供のお世話はほとんど私がやっています。一方で、朝の家事は、夫に大活躍してもらっています。

夫は

  • ゴミをまとめる
  • 洗濯乾燥機から乾いた洗濯物を取り出す
  • 保育園への持ち物の準備

を全部担当してもらっています。

保育園の送りも夫が担当。

育休復帰したては、今までよりタスクが増えた夫はかなり不満があったようです。でも、AERAの家事タスク100表などを使って、毎日のタスクがどれだけあるか、またそれが私に偏ってしまっている現実を見える化して、話合い(喧嘩ともいう)を重ねた結果、今は当然のように色々やってくれるようになりました。

喧嘩の過程はお互いかなりストレスでした…。半年かけてなんとか双方で納得・妥協できる形が作れたところです。

時短ポイント
  • 朝家事は夫と分担

お迎え

お迎えは私が担当しています。

少しでも早く帰宅したいので、機動力がある抱っこ紐を1歳半まで使っていましたが、さすがに娘が重くなり泣く泣くベビーカーに切り替えました。

食材の買い出しはネットスーパーに頼っているので、保育園から家に直帰します。

娘が離乳食後期まではパルシステムの商品が便利なので、ネットスーパーと併用していました。ただ、注文から商品到着まで1週間かかるせいで私が何を買ったのか把握しきれずストレスだったので、ネットスーパー一本にしました。

時短ポイント
  • ネットスーパーを活用
  • 宅配サービスは1種類に絞る

夕飯

帰宅後、娘はまたEテレorアンパンマンタイム、私は夕飯作りです。

夕飯は冷凍ストックやほとんど調理なしで出せる食材を活用して、白米+おかず2品を15分で準備します。これ以上かかるとテレビの力をもってしてもお腹のすいた娘がグズグズになって、時間を大幅にロスします。

離乳食完了期によく作っていた冷凍ストックは、

  • 豆腐&鶏肉のハンバーグ
  • 鶏そぼろ
  • 鮭フレーク
  • 野菜の出汁煮
  • カボチャの甘煮
  • 蒸したさつまいもスティック(パルシステム)

ほぼ調理なし食材は、

  • プチトマト(湯剥きだけ)
  • 豆腐(野菜の出汁煮に混ぜる)
  • 果物(りんご、バナナ、ぶどう、など)

をよく出しています。

娘が食べるのを見守りつつ、私も自分の夕飯をパパっと食べます。味わっている時間はなし。

時短ポイント
  • 夕飯は冷凍ストックとほぼ調理なし食材を活用

お風呂

食べ終わったら、すぐにお風呂に入ります。

最近夫が頑張って早く帰ってきてくれるので、このタイミングで合流できることも。夫がいれば私が入浴中は夫が娘と遊んでいて、私が自分を洗い終わり次第連れてきてもらえるので大変楽です。

グズったときはおもちゃで娘を懐柔します。お風呂用おもちゃではありませんが、中に水がたまらず衛生的で遊び方もいろいろあるのでこれを使っています。

よくあるアヒルさんは水抜きと洗浄が面倒なので買ったものの使用せず…。カビが生えそうで怖かったんです。

時短ポイント
  • お風呂はメンテナンスが楽なおもちゃで子供を懐柔

遊び時間

保湿や着替え、水分補給が終わったら、やっとやっとフリータイムになります。思う存分娘と遊べる1日のうちで唯一の時間です。絵本を読んだり、おままごとをしたり、かくれんぼをしたり。

19時にここまでたどり着くことを目標にしていますが、私の残業や娘のぐずりなどでほぼ毎日理想どおりいかないので、実際は19時半~20時ぐらいになっています。

娘は歯磨きがあまり好きではない、というか嫌いなので、遊びながらタイミングを見計らってササッと終わらせます。

消灯&寝かしつけ

20時消灯が目標。でも現実は20時半ですね…。電気を消して、暗闇のなかで少し遊び、私が寝たふりをしていると横にきて寝てくれます。

21時前頃に娘は完全に夢の世界へ。

一時期娘がなかなか寝てくれず22時まで起きていることがあり困りましたが、とにかく時間がきたら消灯することで、寝かしつけのリズムを作れるようになりました。

トラブルがあってまだ服を着られていない状態でも、就寝時刻を送らせないために、時間がきたら消灯しています。

時短ポイント
  • 定刻になったら強制的に消灯

疲れているときは、私もそのまま就寝。まだいけそうだなーというときは、起きてきて家事をします。

夜の家事

夜の家事も夫に大活躍してもらっています。

  • 食洗機をまわす
  • 洗濯乾燥機のスイッチを入れてまわす
  • お風呂掃除

は全部夫の担当になっています。最後に食べたりお風呂を使ったりするのは夫だから、という理由でこの担当になってもらいました。そのおかげで、私が寝かしつけから寝落ちしてしまっても、最低限の家事がまわる状態になっています。

食洗機に入れられないもの(炊飯器の釜など)を洗ったり、台所・リビングを片付けたりは、私が担当ですが、私が寝落ちしてしまっても日々の生活に即座に影響はないです。

乾燥機機能付きの洗濯機を購入するまでは、洗濯物を干す仕事が待っていたので起きなくてはならずかなりプレッシャーでした。共働き3種の神器としては最後に購入しましたが、やはり時短効果はバツグンです。

時短ポイント
  • 乾燥機能付き洗濯機を活用。スイッチを入れるのは夫。

夜泣き対応

1歳半の娘、まだ夜は1、2度起きます…。

抱っこしたりトントンしたり、歌をうたったり、地道に対応していると10分程でまた寝てくれるので、0歳時代程は辛くなくなってきました。

夫に家事をかなり負担してもらっているので、夜泣きは私が全て対応し、夫は別室でゆっくり寝てもらっています。

夫は家事負担が多くストレスもあるようですが、夜は一人でゆっくり眠れることを、ギブ&テイクとして納得してくれているようです。

保育園入園当初と変えたこと・変わったこと

この半年で、もうダメだ~と思うことが何度もありました。本気で退社を考えたことも。

何とか仕事を続けられたのは、

  • 娘の成長
  • 夫の家事参加度の増加
  • 乾燥機能付き洗濯機の導入
  • 家事の断捨離

のおかげだと思っています。

一番の変化は、娘に体力がついたこと!入園時、1歳前だった頃と違って、夜まで機嫌よく起きていられるように。このおかげで色々とスムーズに進められるようになったし、夜の遊び時間が作れるようになりました。一時は入浴後即就寝だったので…。

家事での大きな変化は、夫の担当をドンドン増やしてもらったことと、洗濯乾燥機の導入ですね。

どちらも私の負担を大幅に減らしてくれました。逆に夫の負担度は現在高いので、娘の夜泣きが落ち着いたらもう少し私の担当を増やしたいなと思っています。

その他にも、必須とは言い切れない家事は、思い切ってバッサリやめてしまいました。泣く泣く諦めている家事もありますが、「何でもっと早くやめなかったんだ~」と思う家事もたくさん。

▼私が復帰を期にやめちゃった家事はこちらにまとめています

やめた家事

家事を断捨離!共働きになって私がやめた家事7つ。楽になったよー!

2019年1月10日
スポンサーリンク