ワーキングママきなこの育児ブログ

時短、早期教育、娘との時間充実を常に模索中。

【母乳育児】退院時1回7mLしか出なかった私が生後3ヶ月で完母になるまで

こんにちはー。1歳の娘を育児中のきなこです。

そろそろ断乳しなきゃなーと思いつつ、寂しさで決断できないでいる今日このごろです。

去年の今頃は、完母にしたいのに母乳量が足らず、禿げるんじゃないかっていうぐらい悩んでいました(実際、産後の抜け毛で薄毛になってた)。

同じ悩みを持つママに、ちょっとでもお役に立てればいいなぁと思って私の経験とやったことを書きます。

悩みが深かっただけに、今回長文です。

 

退院時は1回7mLしか母乳が出ていなかった

私の産院では、授乳は指定された授乳室で行うことになっていて、授乳前後に赤ちゃんの体重を、ベビースケールで測定することになっています。

体重増加量で、何mL母乳が出たか推定します。

初産のママは出産してすぐはなかなか母乳が思うように出ない人が大半ですが、3日目頃から量が増え始め、退院する7日目には2桁(30mLや40mL)になっている方も多かったです。

そんな中、私の母乳量は退院時に7mL!

もはやこれは測定誤差の範囲で、私の母乳、全然出てないんじゃ・・・・とすごーく落ち込みました。産後で精神が不安定だったこともあって、誰もいないところで涙が止まらなくなることも。

母乳推奨の夫、娘の栄養不足が心配な私

落ち込む私をよそに、娘が生まれる前から母乳育児を推奨していた夫は母乳育児をまったく諦めておらず、頻回授乳を勧めてきます。

私としては、母乳にこだわった結果、娘が栄養不足になってしまうことが心配でした。産後の心配性加速メンタルのせいか、私のせいで娘が発育不良になったらどうしよう、新生児時代の栄養不足は生涯に渡って影響があったりするのでは・・・と不安が募るばかり。

実際、娘は、お腹が満たされないせいなのか、元々の体質なのか、新生児なのに夜間は30分毎に起きていました。

でも、夫の勧めもあるし、実母や祖母、叔母など近しい女性はみんな完母育児だったこともあって私自身が母乳育児を諦めきれず、ミルクは最小限にしてしつこく母乳をあげ続けました。

母乳量増量方法を調べまくり、片っ端から実践

娘が新生児時代は、私の頭のかなりの部分を母乳のことが占めていました。

どうやったら母乳が増えるのか、検索したり、本を読んだり。

今思い返すと思いつめ過ぎていたなぁ、ミルク育児だっていいことたくさんあるのにね、と笑って言えますが、当時の私は真剣でした。

ネットではずーっと母乳のことを調べていたし、できることは片っ端からお試ししてみました。

とはいえ、娘の栄養不足や睡眠不足も心配だったので、ジーナ式を採用して規則正しい生活リズムを整え、ジーナ式の授乳スケジュールより前にお腹が空いてしまうようだったらいさぎよくミルクをあげました。

生後2ヶ月から変化のきざし、3ヶ月で完母に

混合育児の日々が2ヶ月程続き、もう混合でいいやと諦めかけていた頃、自治体の赤ちゃん訪問がありました。

来てくれた女性助産師さんとお話し中に娘ちゃんの授乳タイムが来たため、授乳指導をしてもらうと、「飲んでるね~。成長曲線のプロット見せてみて~。これならミルクなしでも大丈夫なんじゃない?」とのアドバイスが!

えええ!?と思いましたが、経験豊富な自治体の助産師さんが言うことだし、実際娘は平均的な成長曲線を少し上回っていたため、除々にミルクを減らしていきました。

その結果、生後3ヶ月にはミルクがなくても3~4時間授乳間隔を空けられたんです!

母乳量増量のために私がやったこと

母乳育児のために私が実践したことを、個人的な感想とともに全部書いてみます。

頻回授乳

母乳育児を強く推奨する産院では頻回授乳を指導されますよね。

吸われれば吸われるほど生産される母乳の性質を活かすために、泣いたら吸わせる、泣いたら吸わせる、と昼も夜もやるやつです。

退院直後、私も実践してみましたが、自分の母乳が実は出ていないんじゃ...と思っている私は娘の栄養不足が心配で早々に辞めました。

私の娘は吸う力が弱かったので、母子への負担がとっても高い割には効果も低かったと感じています。

泣いている娘を見ると、「私のせいで...」と本当に辛い気持ちにもなりました。

桶谷式 哺乳瓶

母乳育児を目指しているママなら1度は聞いたことがあると思う桶谷式。

その桶谷式が母乳哺乳に移行するトレーニングのための哺乳びんとして売り出しているものです。

普通の哺乳瓶の乳首は柔らかく、母乳を吸うのとは違う口の動きや力加減になってしまうらしいです。

赤ちゃんによっては、哺乳瓶で飲む楽さに慣れ、乳頭混乱といって母乳を拒否してしまう子もいると聞いて恐れおののき、乳頭混乱がないらしいこちらの乳首を買いました。

哺乳瓶本体は、持っていたピジョンの母乳実感が互換性があり、使いまわしました。

娘に使ってみたところ、明らかに普通のち首より飲みにくそう!

吸う力が少なかった娘にはかなりの筋トレになっていました。

1ヶ月程使ったところ、体の成長もありますが、明らかに哺乳力が増強して母乳を飲める量が増えましたし、哺乳瓶しか受付なるような乳頭混乱もありませんでした。

電動搾乳機

ジーナ式では母乳量を増やすプログラムもあり、そこで強く推奨しているのが電動搾乳機。

授乳した後に、搾乳機で残りを全部吸引します。

赤ちゃんが吸えない分は機械の力で補って、母乳量を増やそう!という作戦。

ジーナさんは出産した直後から、ある特定の時間に搾乳することをおすすめしています。

機械がパワーのあるものであれば、短期間(片乳3~4分)で終わりますし、搾乳した母乳は赤ちゃんにあげられます。

母乳だけで足りない分は、ミルクで補って、授乳間隔は3時間以上あけることが推奨されています。

頻回授乳に頼るより、赤ちゃんへの負担が少なく母乳量アップできます。

ジーナさんが推奨するだけあって、頻回授乳と違って睡眠リズムを整えるための妨げにもなりません。

ただ、私の買ったピジョンの電動搾乳機では毎回少し絞り残りも...。細い乳腺からは絞れませんでした。

もうちょっとだけお高いメデラの電動搾乳機にすれば、こんなことなかったのかもしれないです。ケチったことを後悔。

手動搾乳

搾乳機がで絞れない文は、最後は手でも絞っていました。手動搾乳機ではく、完全素手です。

自分で力加減や向きなどを細かく調整できるので、最後の1滴まで搾り取れます。

母乳はなくなったら、なくなっただけ作ろうとするらしく、ここまでやると、少~しずつ1回に出る母乳量が増えました。

ハーブティー

母乳増量をうたったハーブティーの広告を見かけたので飲んでみました。

正直うさんくさいなぁ、でももしかしたら効くかもしれないし...と期待度低めで飲んでみたところ、確かに増えているのを感じました。

私の体感的には15%増しぐらいで、即効性もありました。

でも本当にこのハーブティーじゃなきゃだめなのか...?と疑念があったので、ノンカフェインのハーブティーを色々試したところ、正直どれも効果は変わらないな、という結論に!

個人的にはラズベリーリーフとルイボスが好みなので、その後はそれらを飲み続けました。

ハーブの効果、というよりも、水分をたくさんとって体を温め、ママがリラックスするというのが大事な気がしました。

良質な睡眠

夜と昼だと、夜の方が明らかに母乳量が増えていました。

これ、私の中の体内時計で調整されているのかな、と思いきや、睡眠中に母乳の製造スピードがアップしてました!

なぜわかったかというと、娘の夜泣き対応で目が冴えちゃってほとんど眠らずにいた日は夜でも母乳量が増えなかったからです。

それと、ソファーで授乳してそのまま寝てしまったときも明らかに母乳量が減っていました。これは、変な体勢で寝たために血行が悪くなってしまったからのようでした。

なので、その後はしっかり横になって睡眠をとるように心がけました。

入浴

体を温めて血行をよくするのが効果的、と身を持って体感したので、1ヶ月検診が終わって湯船への入浴が解禁されてからは毎日つかって血行促進に努めました。

体感的には効果抜群!

 

f:id:h-kinako:20180705231922j:plain

私の中の結論。こうすればストレスなく母乳を増やせる!

ここまでやってきて、私の中での結論。

母乳を増やすポイントは、

  • 赤ちゃんでも搾乳機でもいいから少しでも多く吸引して絞ること
  • 血行促進
  • 良質な睡眠
  • 体を温める
  • 水分補給 
  • 桶谷式哺乳瓶を使って赤ちゃんの哺乳力をUPさせる

このポイントを最大限に抑えつつ、赤ちゃんのもママにも負担のない方法、生活リズムを考えて実際にやってみました。

長くなってしまったので、詳細は次の記事で書きます。

 

www.kinakomama.com