ワーキングママきなこの育児ブログ

時短、早期教育、娘との時間充実を常に模索中。

母乳量を増やすためにやったこと 頻回授乳は必要なかった!

前回の記事で、私が感じた母乳を増やすためのポイントは

  • 赤ちゃんでも搾乳機でもいいから少しでも多く吸引して絞ること
  • 血行促進
  • 良質な睡眠
  • 体を温める
  • 水分補給
  • 桶谷式哺乳瓶を使って赤ちゃんの哺乳力をUPさせる

ということを書きました。

 

▼前回の記事

www.kinakomama.com

 

今回は、このポイントを取り入れて、私が実際に実践したことと、生活リズムをご紹介します。

f:id:h-kinako:20180710220613j:plain

授乳前後に体重を測り、ミルクで補う

タイトルにもあるように、母子に負担の強い頻回授乳はやめちゃいました。

きっちり授乳間隔は3~4時間あけられるように、両乳で合計20分飲ませて足りなかった分は、娘に潔くミルクを飲ませていました。

お腹が空いて赤ちゃんが頻繁に泣いてしまうと、ママは休めないので母乳量UPのためのポイント「良質な睡眠」がとれませんし、「体を温める」「水分補給」に必要なお茶を飲む時間の確保やゆっくりとした入浴もできないので、結果として悪循環にはまることに気が付きました。

授乳前後の体重を測ってミルク量を決めることで、赤ちゃんが栄養不足になる心配がなくなると、すごーくホッとして、私の場合はその精神的安定も母乳量に良い効果があった気がします。

え、ミルク?母乳育児なんじゃ....?と思うかもしれせんが、母乳量が安定すればミルクは減らせるので、最初だけ、今だけ、と割り切った方が結果的に早く母乳育児を軌道に載せられるんじゃないかと思います。

(今だからこそ言える感想で、私も娘が新生児のときはすごい葛藤がありました。。)

母乳以外絶対飲ませたくない、という主義の人は受け入れられないかもしれませんが、自分の子どもがお腹が空いて泣いていて、それを解決する手段=ミルクがあるならもうそれに頼ってでも楽にさせてあげたい、ぐっすり眠らせてあげたいって思いが私は勝ちました。

ベビースケールは買うと1万円程ですが、長くても3ヶ月の利用なのでレンタルで十分です。

 

ミルクは桶谷式哺乳瓶を使う

これはポイントそのままですね。

毎回使っていました。ピジョンの母乳実感の乳首と比べて飲むのに時間がかかるのですが、娘が一生懸命口を動かしているのを頑張れーと応援しながら見ていました。

哺乳瓶は3本用意しておくと、深夜は消毒せずに放置し、朝まとめて消毒できるのでママの睡眠時間確保に繋がります。

 

授乳するたびに手→電動搾乳機で絞る

出せば出すほど、乳首が刺激されればされるほど、体は「あ、もっと必要なのね!」と母乳を作ってくれると聞いたので、毎回搾乳しました。

この際、胸をホットタオルであたため、血行を促進してから行います。タオルがあるかないかで、絞れる量が全然変わります。

そして大事なのは、まずは面倒でも手で絞ること!

というのは、搾乳機だと乳首への刺激が赤ちゃんが吸うのとはちょっと、というかだいぶ違うので、私の場合は効果が低かったです。

でも手動で全部絞るのはかなり時間がかかってしまうので、片乳5分ずつ手で絞ったら、電動機を使って太い乳腺だけでも空っぽにしました。

搾乳した母乳は、赤ちゃんに飲ませることができますが、個人的にはおすすめしません。

というのは、赤ちゃんに飲ませるためには電動搾乳機や手動搾乳用のポットなど、全部毎回消毒しないといけなくて、手間だからです。

授乳に20分、ミルクを急いで作って飲ませ、おむつ替えてゲップさせて、寝かしつけて、自分で搾乳してとやっていると、1時間半ぐらい余裕でかかります。場合によっては2時間かかります。

更に毎回の消毒まで加わると、ママはまったく休む時間がないまま次の授乳のタイミングが近づいてきてしまいます。

赤ちゃんに飲ませないなら、ただ洗剤で洗えばいいだけですから、すぐ終わってちょっとだけ楽になります。

しかも、搾乳した母乳は冷蔵保存なので、飲ませる前に温める手間もあります。

 

入浴中に絞って乳腺を開通させる

1日で一番、体が温まって、血行がよくなるのは入浴中。

この時に、手で搾乳して未開通の乳腺を開通させました。

開通済みでも、授乳を続けていくうちに乳腺が少しずつ太くなってきて、1回に出る量も増えてきました。ここで手動搾乳を加えることで、そのスピードがアップしたんじゃないかと思います。

 

毎日お気に入りのノンカフェインのお茶を飲む

前回記事でも書いたように、私は体感的にお茶を飲むと母乳量がアップしたので続けました。

摂取水分を無理なく増やせるように、ノンカフェインで好みのお茶のルイボスティーやラズベリーティーを飲んでいました。

ゆったりした気持ちでお茶を飲める時間を確保すること自体にも、良い効果があったんじゃないかと思います。

 

ジーナ式で母子ともに生活リズムを整える

何度か紹介していますが、私はジーナ式の生活リズムを採用しました。

海外のネントレ本なので、自力で寝るまで放置して泣かせる方法と勘違いされている方がいますが、それはたぶんトレイシーメソッドと混同していて、ジーナ式じゃないです。

ジーナ式はジーナさんというカリスマナニーが推奨している月齢ごとの赤ちゃんの体力に応じた生活リズムのことです。

個人差は多少ありますが、月齢の小さい赤ちゃんが何時間ぐらいなら機嫌よく起きていられるかや、満腹になってから空腹になるまでの時間はある程度決まっていることなどを利用して、無理なく生活リズムを整え、赤ちゃんとママが安眠するためのメソッドです。

生活リズムが整ったおかげで、娘がいつ頃眠くなるか、いつ頃お腹が空くかが分かっているので、ゆっくりお茶を飲んだり、家事をまとめてやっつけられたりして、私の睡眠時間の確保に繋がりました。

(もちろん、いつも上手くいったわけじゃないけど...。)

娘の個人差の部分や、我が家の事情に合わせてリズムを多少アレンジしていたので詳しくはいつか書きます。

 

まとめ

頻回授乳はなかったけど、搾乳に取られる時間が長かったので、楽ってわけではなかったです。

というか、大変でした。

でも、母乳を増やしたい気持ちと、娘に栄養をしっかりとってスクスク育って欲しいって気持ちを両立するために、私にはこの方法しかなかったんじゃないかなーと思います。

私と同じようなマインドのママさんの参考になると嬉しいです!